研究室一覧をみる研究室

lab2オフィスでの接触感染の危険(オフィス実験)

オフィスに1人でも感染者がいたら、2時間で菌・ウイルスが手から手を介して拡散 !?

風邪・インフルエンザなどの感染症予防策として、マスクをする、加湿器や空気清浄機を使うといった対策をとる人を見受けますが、多くの人が見逃しているのが、正しい手洗い方法です。例えば、風邪をひいて、咳やくしゃみが出る時に自分の口や鼻を手で覆う人も多いかと思います。その手で電車のつり革、エレベーターのボタン、エスカレーターの手すり、共用のパソコンなどを触れば、その場所は風邪のウイルスに汚染されます。そうして汚染された場所を触ることで、指や手のひらにウイルスが付着。自身の指を介し、ウイルスが口や鼻、目から体内に入ることで感染が引き起こされます。この感染ルートを「接触感染」といいます。
人は知らず知らずのうちに、何度も手を口や鼻に持って行く動作をしており、接触感染予防は、飛沫感染や空気感染の予防と並んで大変重要です。そこで、「徹底!手洗いラボ」では、ブラックライトで光る蛍光塗料をウイルスに見立て、オフィス内の接触感染ルートの可視化を行いました。

実験内容

ブラックライトと蛍光塗料を使い、以下のウイルス「接触感染ルート」①~③までの可視化を行う。

  1. ① 感染者がくしゃみや咳を手で押さえる
  2. ② その手で周りの物に触れて、ウイルスがつく
  3. ③ 別の人がその物に触り、ウイルスが手に付く
  4. ④ その手で口や鼻を触って、粘膜から感染

実験方法

STEP 1 蛍光塗料をウイルスに見立て、感染者役の被験者の手に塗る。
※尚、本実験では、くしゃみや咳を定期的にするものと想定し、20分に1回、塗料を手に塗った。
STEP 2 感染者役の被験者1名とその他の被験者7名とともに同じ部屋で実際に働く。
STEP 3 2時間後、ブラックライトを用い、オフィス内およびその他の被験者7名の手に蛍光塗料がどの程度付着したかを調査。

感染者の動き (2時間)

実験結果

  1. オフィスの汚染ホットスポット
    ドアノブ、プリンター、共有冷蔵庫、エレベーターのボタンなど
  2. 飛沫感染より、接触感染ルートの方がより遠くの人も汚染する
    咳やくしゃみによる飛沫感染の距離は約1mといわれているが、接触感染ルートによって感染者から1m以上離れている人の手も汚染される
  3. 手の洗い残ししやすい場所も汚染されがち
    親指と人差し指の間や指先、指の付け根など、洗い残しが多いとされるポイントが汚染されている人が目立った

  • プリンタープリンター
  • 冷蔵庫冷蔵庫
  • 感染者役のデスク周り感染者役のデスク周り
  • ドアノブドアノブ
被験者1
ホットスポット接触回数
・ 入退出(ドアノブ):5回
・ プリンター:0回
・ 冷蔵庫:1回
・ エレベーター:4回
左手を中心に手のひらと指先に付着
被験者2
ホットスポット接触回数
・ 入退出(ドアノブ):4回
・ プリンター:0回
・ 冷蔵庫:1回
・ エレベーター:2回
左手の親指と人差し指に付着
被験者3
ホットスポット接触回数
・ 入退出(ドアノブ):4回
・ プリンター:1回
・ 冷蔵庫:1回
・ エレベーター:1回
右手の中指付け根部分に付着
被験者4
ホットスポット接触回数
・ 入退出(ドアノブ):4回
・ プリンター:0回
・ 冷蔵庫:1回
・ エレベーター:1回
右手の中指・薬指の第2関節から付け根にかけて付着
※実験中の手洗い1回
被験者5
ホットスポット接触回数
・ 入退出(ドアノブ):1回
・ プリンター:0回
・ 冷蔵庫:0回
・ エレベーター:1回
左手の親指と人差し指に付着
被験者6
ホットスポット接触回数
・ 入退出(ドアノブ):3回
・ プリンター:1回
・ 冷蔵庫:2回
・ エレベーター:2回
右手の人差し指と手のひらに付着
被験者7
ホットスポット接触回数
・ 入退出(ドアノブ):1回
・ プリンター:0回
・ 冷蔵庫:1回
・ エレベーター:0回
親指と人差し指の間と指先に付着

対処方法:帰宅後、食事の前には、30秒以上しっかり手を洗いましょう

今回の実験では、オフィスの様々な場所に、風邪や感染症の原因になる菌・ウイルスが付着している可能性を明らかにしました。
また、風邪を引いた人と数時間一緒にいるだけで、指先や指の間など、軽く手洗いしただけでは洗い残しがちなポイントにも、菌・ウイルスが付着する可能性があることもわかりました。
手から手を介して拡散する感染症を防ぐためには石けんを使った手洗いが大切になります。特に家に帰った後や食事の前には、薬用石けんや薬用ハンドソープなどをつけてよく泡だて、30秒程度時間をかけて隅々まで洗うことが重要です。
その後、流水で石けんをしっかり洗い流し、清潔なタオルやペーパータオルで、きちんと手を拭いて乾燥させましょう。

バイ菌・感染症から家族を守る「徹底!手洗いラボ」… 感染症・食中毒を防ぐ正しい手洗いを推進する、感染症予防対策の情報・研究サイト

sitemap